冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく
無線アクセス技術の研究開発

研究機関:京都大学、福岡大学、国際電気通信基礎技術研究所 研究代表者:山本高至

研究開発の概要

無線通信においては通信の成否は確認できる一方、フレーム損失など通信品質の要因は、一般に不明である。通信品質要因は、無線通信の稠密化に伴い、より複雑になっている。本研究開発の目的は、通信品質要因の解析精度の向上、ならびに解析結果に基づき高効率な無線パラメータ設定を行うアクセス制御技術の実現である。

研究開発のポイント

通信品質要因の特定に資するフレーム送信区間などの情報を冗長検査情報と呼ぶこととし、有線バックホール回線などで収集するとともに、通信成否等の情報と組み合わせ、機械学習技術により通信品質要因解析ならびに高効率な無線アクセス制御技術を実現する。

メンバー

山本高至
京都大学
研究代表者
西尾理志
京都大学
田谷昭仁
京都大学

太田真衣
福岡大学
研究責任者
太郎丸眞
福岡大学
矢野一人
ATR
研究責任者
鈴木健太
ATR

OJETUNDE Babatunde
ATR

成果

査読付き口頭発表論文

  1. Yuto Kihira, Yusuke Koda, Koji Yamamoto, Takayuki Nishio, and Masahiro Morikura,“Adversarial reinforcement learning-based robust access point coordination against uncoordinated interference,” Proc. the 92nd IEEE Vehicular Technology Conference (VTC2020-Fall), Nov. 2020.
  2. Tomoya Sunami, Takayuki Nishio, Masahiro Morikura, and Koji Yamamoto,“Training data generation for RSSI-based localization with camera object detection,”Proc. ICETC, Dec. 2020.
  3. Kazuto Yano, Eiji Nii, Kenta Suzuki, and Koji Yamamoto, “Timestamp synchronization of received frames among multiple wireless LAN nodes for robust access point coordination,” Proc. of the 23rd International Conference on Advanced Communications Technology (IEEE ICACT 2021), Feb. 2021.

その他の誌上発表

  1. 山本高至、西尾理志、守倉正博、“冗長検査情報による通信品質要因解析”、京都大学電気関係教室技術情報雑誌「cue」No.44 p. 28(2020年9月)
  2. 紀平悠人、香田優介、山本高至、西尾理志、守倉正博、“無線LANのための敵対的強化学習による干渉回避”、京都大学第15回ICTイノベーション(2021年2月)
  3. 山本高至、“送信区間履歴に基づくフレーム損失要因解析”、京都大学電気関係教室技術情報雑誌「cue」No.46 p. 30(2021年9月)

口頭発表

  1. 矢野一人、鈴木健太、山本高至、太田真衣、“通信品質要因解析に基づく高効率通信制御に向けた冗長検査情報の収集に関する一検討、”電子情報通信学会技術研究報告、RCS2019-343(東京都目黒区)(2020年3月)
  2. 太田真衣、山本高至、矢野一人、太郎丸真、“冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発”、電子情報通信学会技術研究報告、SRW2019-81(東京都目黒区)(2020年3月)
  3. 山本高至、紀平悠人、香田優介、西尾理志、守倉正博、“無線LANにおける冗長検査情報による通信品質要因解析”、電子情報通信学会総合大会、B-5-147(東広島市)(2020年3月)
  4. 西尾理志、角南智也、守倉正博、山本高至、“カメラによる物体検出を活用した無線LANトラヒック制御の検討”、電子情報通信学会総合大会、B-15-46(東広島市)(2020年3月)
  5. 山本高至、“冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発”、第1回 電波利活用強靭化に向けた電波COEシンポジウム(オンライン)(2020年6月)
  6. 今中崇詞, 太田真衣, 太郎丸真, 山本高至, 矢野一人, “[依頼講演]送信パケット長に応じたチャネル選択手法の検討 ~ 冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発 ~”、電子情報通信学会技術研究報告、SRW2020-14, pp. 27—30(オンライン)(2020年8月)
  7. 角南智也、西尾理志、守倉正博、山本高至、“カメラによる物体検出を用いたRSSI位置推定用学習データ自動生成”、電子情報通信学会ソサイエティ大会 B-15-21(オンライン)(2020年9月)
  8. 今中崇詞, 太田真衣, 太郎丸真, “強化学習を用いたチャネル選択手法の一検討,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会B-17-17(オンライン)(2020年9月)
  9. 紀平悠人、香田優介、山本高至、西尾理志、守倉正博、“無線LANのための敵対的強化学習による干渉回避”、電子情報通信学会技術研究報告、SeMI2020-25, pp. 43—46(オンライン)(2020年11月)
  10. 山本高至、西尾理志、守倉正博、太田真衣、太郎丸眞、矢野一人、鈴木健太、新居英志、“冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発”、ATRオープンハウス(オンライン)(2020年11月)
  11. 今中崇詞、太田真衣、太郎丸真、“周波数共用のための多腕バンディットアルゴリズムを用いたチャネル選択手法の検討”、電子情報通信学会技術研究報告 SR2020-54(オンライン)(2021年1月)
  12. 矢野一人、新居英志、鈴木健太、山本高至、“高効率無線LANアクセス制御のための冗長検査情報収集システムの開発”、電子情報通信学会技術研究報告、RCS2020-204(オンライン)(2021年3月)
  13. 矢野一人、新居英志、鈴木健太、山本高至、“高効率無線LANアクセス制御のための冗長検査情報収集システムの設計”、2021年電子情報通信学会総合大会B-5-120(オンライン)(2021年3月)
  14. 山本高至、西尾理志、田谷昭仁、太田真衣、太郎丸眞、矢野一人、鈴木健太、新居英志、OJETUNDE Babatunde、冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発”、第2回 電波利活用強靭化に向けた電波COEシンポジウム(オンライン)(2021年6月)
  15. 神田高望、香田優介、紀平悠人、山本高至、西尾理志、“深層強化学習を用いたIEEE 802.11bcのためのACK-Lessレート制御の提案”、電子情報通信学会ソサイエティ大会B-5-62(オンライン)(2021年9月)
  16. 近藤綜太、山本高至、香田優介、山下皐太、西尾理志、田谷昭仁、“ビームフォーミングフィードバックを用いたワイヤレスセンシングにおける推定精度へのサブキャリア数の影響”、電子情報通信学会ソサイエティ大会B-15-11(オンライン)(2021年9月)
  17. 山本高至、三枝茉由、近藤綜太、西尾理志、田谷昭仁、矢野一人、“送信区間履歴に基づく無線LAN干渉源判定”、電子情報通信学会技術研究報告、RCS2021-141(オンライン)(2021年10月)
  18. 山本高至、西尾理志、田谷昭仁、太田真衣、太郎丸眞、矢野一人、鈴木健太、OJETUNDE Babatunde、“冗長検査情報を用いる通信品質要因解析に基づく無線アクセス技術の研究開発”、ATRオープンハウス(オンライン)(2021年11月)

受賞

  1. Yuto Kihira, VTS Tokyo/Japan Chapter 2020 Young Researcher’s Encouragement Award, “Adversarial reinforcement learning-based robust access point coordination against uncoordinated interference,”Nov. 2020.
  2. Tomoya Sunami, IEICE ICETC2020 Best Short Paper Award,“Training data generation for RSSI-based localization with camera object detection,”Dec. 2020.